私の家の場合は、ネット回線用にWiMAXを使用しております。不安だった回線速度に関しましても、まるっきりイライラ感に見舞われることのない速度です。
速度制限を設けていないのはWiMAXのみというイメージが強いかもしれませんが、ワイモバイルにも通信方式を変更することで、速度制限なく利用することができる「アドバンスモード」という名前のプランがあるのです。
LTEに関しては、今の3Gを「長期的に進化させたもの」という意味を持つ通信規格であり、近い将来登場するはずの4Gへの転換を無理なく遂行するためのものです。このため、「3.9G」と呼ばれることが通例です。
映像を見るのが好きなど、容量が通常より大きなコンテンツを中心に利用するような方は、WiMAX2+の方を選択すべきです。様々なプランがありますから、これらのWiMAX2+プランを比較しならご説明させていただきます。
WiMAXモバイルルーターと呼ばれているものは、機種個々に4x4MIMO方式とCA方式のどっちかの通信技術が採用されているのだそうです。繋がり易さが異なりますので、その辺を踏まえて、どの機種を購入するのかを決めるようにしましょう。

「ポケットWiFi」については、ソフトバンクのワイモバイルという通信ブランドが展開するWiFi用端末のことであって、正直申し上げてどこにいようともネット可能なモバイルルーターの全部を指すものではありません。
WiMAXを進化させた形で世に出てきたWiMAX2+は、旧モデルであるWiMAXの3倍という速さでモバイル通信が可能です。それに加えて通信モードを変えることにより、WiMAXとWiMAX2+は言うまでもなく、au 4G LTEも使うことが可能です。
WiMAX2+も、通信エリアがジワジワと広くなってきています。勿論WiMAXのモバイル通信エリアならば、それまでと変わらぬモバイル通信ができるわけなので、速度さえ辛抱すれば、何も不自由はありません。
「WiMAXを買うつもりでいるけど、モバイル通信可能エリア内かどうかが分からない。」と考えている人は、「15日間無料トライアル」サービスがあるので、その期間を有効に活用して、現実に使用してみたら良いと思います。
出先とか自分の家でWiFiを使用したいなら、モバイルWiFiルーターが絶対に必要だと思います。その代表格であるWiMAXとワイモバイルを様々に比較しましたので、興味があれば目を通してみてください。

WiMAXに関しましては、当然キャッシュバックキャンペーンが大人気ですが、ここ最近は月額料金を安くできるキャンペーンも大人気です。
1カ月間のデータ使用量が無制限と謳われている「ギガ放題」の他に、WiMAX2+には「通常プラン」というのも存在しています。こちらのプランは、「データ使用量の制限は7GB」という設定となっています。
WiMAXの通信サービスが可能なエリアは、しっかりと時間を使って拡充されてきたのです。今では街中はもちろんのこと、地下鉄の駅なども繋がらないということがないレベルにまでになったというわけです。
WiMAXモバイルルーターに関しては、運搬が容易にできるようにということで作られた機器ですので、ポケットなどに楽々入る大きさですが、利用する時はその前に充電しておくことが不可欠です。
「ポケットWiFi」というのは、「ワイモバイルブランドのすべてのWiFiルーター」というのが本当は正解になるのですが、「外でもネットを可能にしてくれる端末全部を指す」と言った方がいいと思います。