WiMAXのギガ放題プランにつきましては、データ通信量が3日で3GBを超えますと速度制限が掛かることになりますが、その制限を受けてもそれ相応の速さは確保されますので、速度制限にビクビクすることは全く不要だと思います。
月間の料金だけじゃなく、回線の速度であるとかキャッシュバックキャンペーンなどもウォッチすることが重要なのです。それらを前提に、近頃高い評価を得ているモバイルルーターをランキングにてご案内します。
LTEと言いますのは、これまで主流だった3Gを「長期的に進化させたもの」という意味で名付けられた通信規格で、数年先に登場するであろう4Gへの変更をスムーズに推し進める為のものです。このため、「3.9G」と言われることが一般的です。
現状ではWiMAXを扱っているプロバイダーは20社余りあり、プロバイダーごとにキャンペーンの中身や料金が異なっているのです。こちらでは、一押しのプロバイダーを7社ご案内させていただきますので、比較されてはどうでしょうか?
モバイルWiFiルーターを決める際に、殊更手を抜かずに比較すべきだと言えるのがプロバイダーなのです。プロバイダーが変われば、売っている機種だったり料金が大きく変わることが分かっているからです。

自分の家では、ネットがしたいときはWiMAXを使用しています。懸案の回線速度につきましても、全然ストレスに悩まされることのない速度が出ています。
モバイルWiFiを安く手に入れるには、端末料金であったり月額料金の他、初期費用やポイントバック等々を個別に計算し、その合計コストで比較して安めの機種を選択してください。
docomoやY!mobile(Yモバイル)だとしたら、3日間で1GBを超過してしまうと、規定の期間速度制限が掛かることになりますが、WiMAX(ノーリミットモード)の場合は、そういった制限は規定されていません。
今の段階での4Gというのは真の4Gの規格とは別なものであり、日本国内においてはまだマーケット提供されていないモバイル通信サービスになるわけです。その4Gの公式発表までの移行期間の通信手段として始まったのがLTEと呼ばれるものです。
LTEと呼んでいるのは、携帯電話であったりスマートフォンなどに盛り込まれているこれまでにない高速モバイル通信規格になります。3G通信と4G通信の間に位置する規格という意味から、WiMAXと共に3.9Gに類別されています。

ワイモバイルもそのサービスエリアは広がりつつあり、離島であったり山間部を除けばおおよそ利用できること請け合いです。インターネットに4G回線を利用して接続することが不可能だという場合は、3G回線を通じて接続できるので心配無用です。
「WiMAXを購入するつもりでいるけど、通信エリア内か否かがわからない。」とお思いの方は、「15日間無料トライアル」がありますから、その無料サービスを遠慮なく活用して、毎日の生活で使用してみた方がいいでしょう。
私がよく知るプロバイダーは、キャッシュバックを40000円に迫る金額にしているので、モバイルWiFi自体の月額料金がそこそこ高く設定されていても、「平均してみるとかえって安くつく」ということが考えられるわけです。
ワイモバイルが市場提供しているポケットWiFiは、一定水準のパケット通信量を越しますと速度制限がなされることになります。因みに速度制限を受ける通信量は、買い求める端末毎に規定されています。
どういったタイプのモバイルルーターにも3日で3GBか1ヶ月で7GBの速度制限規定があります。しかしながら無茶苦茶な使い方をしなければ、3日で3GBも利用することはほとんどないから、そこまで心配しなくても問題ありません。